pannsukiのブログ

旅行、パン作り、ファッション、家庭菜園などシニアの日々

旅の終わりに思う事。残された人生楽しもう。

3日目奈良井宿の観光を終えて後は帰るだけとなりました。

一人は娘さんに会う為ここでお別れでした。

奈良井からは中部国際空港が近いので、帰りは名古屋へ向かいました。

二人で帰るのですが、二人とも名古屋は始めてちょっと不安です。

こちらの普通列車はワンマンになっていました。

降りる時は扉横のランプが点いたらボタンを押して、乗客が扉を開けて降りるようになっていました。こんなの始めてでした。

そして木曽福島で特急電車に乗り換える為、時間待ちしていました。

こちらも回りは山ばかり。

木曽のナー 中乗りさん ♪

木曽のおんたけさんは なんじゃらほい

夏でも寒い ヨイヨイヨイ

ヨイヨイヨイのヨイヨイヨイ ♫

と自然とおばさん二人は口ずさみホームで待っていたのです。

ところがなかなか来ない電車。

何かトラブルがあったようで10分ほど遅れるとアナウンスが流れてきました。

名古屋駅で空港行きへ乗り換えの時間は15分しかなかったのです。

そうなると5分しかなくなります。

ちょっと無理です。次の電車で乗り換えるしかない。

スマホで探そうとするが、電池の残量が少ない。

朝から写真や動画を撮っていたせいだ。

自分のスマホは使わない事にした。

友のスマホで探してもらうと15分おきくらいに電車はあった。

飛行機は20時だっので余裕で行ける。一安心でした。

名古屋に近づくに連れてだんだんと開けてきました。

名古屋駅の周辺は立派なビルが沢山。

ずっと山の中だったので大都会にビックリでした。

10分遅れた事で新幹線への乗り換えが出来なくなった事をアナウンスで詫ていた。

私達は時間に余裕もって行動していてよかったと思いましたよ。

 

名古屋駅に着いたけど、どこでどう乗り換えたらいいかわからない。

これは誰かに聞くしかない。

駅員さんに空港に行きたいのてすがと尋ねると、改札口を出て名鉄の方へ行ってくださいとの事。

てっきりJRで行けると思っていたのだが、名鉄らしい。

名鉄で空港までのチケットを買い乗り場へ急いだ。

ちょうど帰宅時間と重なりホームは凄い人、人、人。

どこに並ぶのやら?

ホームに緑のテープが貼ってありそこが空港行きでした。

電車に乗り込むとたまたま2席空いていてなんとか座れました。

会社員や学生で満員です。

人がいっぱいで風景は見えないので、空港まで1時間ずっと目を閉じていました。

なんとか空港にたどり着き、無事飛行機に乗り込む事が出来ました。

 

やれやれよかった。

無事2泊3日の旅行を予定通り終える事が出来ました。

旅行に行かせてくれた夫に三指ついて有難うとお礼を言おう。

旅先でよく目についたのは、夫婦二人連れの旅行者でした。

シニアの夫婦二人連れ、定年後にのんびり旅行しているのでしょう。

どちらか先に逝かれ残された方が、夫婦二人連れを羨ましいと思うと言っていたがわかる気がする。

 

元気なうちに今度は夫と旅に出ましょうかね。

帰ってから一応有難うは伝えたが、その後は疲れてあまり口をきいていない。あはっ。

 

最後までおつきあい有難うございました。

 

pannsuki.hatenablog.jp