pannsukiのブログ

演劇、映画好きなシニア。

個人年金について、受取り金額を増やす方法。

引き続きお金の話しです。

給与支払明細書が届いたあとに、年金支払明細書も届きました。

公的年金ではなく個人年金です。

私は独身だった頃、自分自身の生命保険に入っていました。

その後結婚し家族保険に入った為、自分自身の保険は解約しようと思ったのです。

ところが保険のおばちゃんが、解約するのはもったいないので個人年金保険にかけかえたらいいと教えてくれました。

かれこれ30年前の話しです。

その頃は60歳から年金をもらえていました。

でも私達が年金もらえる時はどうなっているかわからないし、個人年金にはいっていれぱ公的年金で足りない分を個人年金で補えるので安心だと教えてくれたのです。

確かにその頃から年金は65歳からになるかもねと話していました。

案の定そのようになってきました。

そして個人年金の利率はとてもよかったのです。

今になって思うといい時に入っていてよかったと思います。

 

それまでかけてた自分自身の生命保険を個人年金保険にかけかえて、月々 9千円代を30年間払い続けました。

本当なら65歳から受取る個人年金でした。

でも私は65歳まで働きたくなかったので、60歳からもらえるように途中で30万円ほど支払って60歳から受取れるようにしたのです。

 

60歳になる前に保険会社から年金受取りの案内が届きました。

一括でもらうか、毎年受取りで10年間にするか選択します。

毎年受取りの方が一括でもらうより金額が多いです。

私は毎年受取りにしました。

私は毎年60万円もらえると思っていました。

ところが個人年金は雑所得となり源泉徴収されます。

その為60万円をきっしまいます。

当てにしていた金額より少ない。でもですねぇ〜

個人年金公的年金と同じで受取り時期を延ばすと増額されるのです。

同じ仕組みに驚きました。よく考えれば当たり前ですよね。

それで一年間受取りを延ばしたのです。

延ばした事により、源泉徴収されても60万円はありました。

 

それで61歳から毎年60万円受取れるようになりました。

個人年金保険かけてる方源泉徴収されるので、思っていた金額より少なくなりますよ。

増やそうと思えば、受取りを1年後、2年後、3年後と遅らす事により増額されます。

源泉徴収される税金を取り戻せないものかと考えています。

10年間になると結構な税金です。

確定申告とかしたことないし、税金の事はさっぱりわかりません。

おまけに数字には弱いし、難しい言葉は理解できない。

戻ってこないのかな?よくわかりません。

 

でも個人年金掛けてて良かったと思います。

そして61歳から特別支給の老齢厚生年金ももらっています。

おかげで働かなくてもなんとかやっていけそうです。

 

最後までおつきあい有難う御座いました。