pannsukiのブログ

旅行、パン作り、ファッション、家庭菜園などシニアの日々

昭和6年シベリヤ鉄道に乗りヨーロッパ女一人旅。林芙美子。私もどこか行きたいなぁ~

昨日は夕方まで仕事だったので今日はゆっくり休みます。

一日しか休みがないと出掛ける気力はありません。

おまけに朝から大雨でした。

 

読まなければならない本もあるので、静かに本でも読む事にしました。

先日、私が林芙美子が好きだと知っている方よりお電話頂きました。

何でもリビングカルチャー倶楽部で林芙美子の海外紀行「愉快なる地図を読もう」の講座が開かれるので、よかったら参加しませんかとお誘いの電話でした。

講師の先生はこよなく林芙美子を愛している宮田俊行さんです。

以前林芙美子の足跡を辿るツアーでご一緒した事がありました。

私は喜んで参加する事にしました。

早速講座の申込みをしました。

9月から月一回で全部で6回の講座で受講料は10,560円です。

ところがこの講座は現在最低開講人数を満たしていないので、開講判断待ちの状況にあるとの事です。

決定したら案内書を送りますと返事がきました。

「愉快なる地図」という本についての講座です。

早速アマゾンで本を取り寄せて読みました。

愉快なる地図 台湾・樺太・パリへ (中公文庫 は54-4) [ 林 芙美子 ]

価格:990円
(2022/8/21 17:56時点)
感想(0件)

1930年1月(昭和5年)から1936年10月までの林芙美子旅行記です。

台湾、満州、中国などそして一人シベリヤ鉄道に乗りパリまで行っています。

この時代に女一人シベリヤ鉄道に乗りヨーロッパまで行くなんてすごい根性です。

三等列車に乗り貧乏旅行です。

途中お金がなくなり着物を質屋に預けたり、死にたいと思ったり。

人とのふれあいや、好奇心に突き動かされ旅を続けます。

土地、土地で見た事や感じた事などなかなか面白いお話でした。

講座で詳しく学びたい気持ちが強くなりました。

 

興味を持たれた方ご一緒に参加しませんか。

開講されますように祈ってます!

そして私もどこか旅しよう。

 

pannsuki.hatenablog.jp

 

 

おつきあい有難うございました。

ポチッと喜びます。