本と旅と映画

のんびり気ままに…

はーばーらいとレビュー 吉本ばなな著

ばななさんの本古い本ばかり読んでいましたが、この本は昨年出版された新しい本です。

あとがきに書いてありましたが、安倍元総理が襲撃された事件をきっかけにカルト集団について調べていたそうです。

なので宗教2世の物語となっています。

両親が小さな新興宗教に入信し、娘のひばりがそこから逃れるための苦労とかを書いています。

新興宗教での暮らしぶりとか結婚感とか興味深く読むことが出来ました。

何かのきっかけで宗教に入り、信じ込んでしまう。

本人はまだいいけれど、回りに迷惑をかけ巻き込まれた人々は大変な思いをしてしまう。

ラストはハッピーエンドだったのでめでたしめでたし。

 

とかげレビュー 吉本ばなな著

1.新婚さん

2.とかげ

3.らせん

4.キムチの夢

5.血と水

6.大川端奇譚

6つの短編小説が入っています。

印象に残ったのはとかげと大川端奇譚でした。

とかげは内ももにとかげの入れ墨がある彼女の話しです。

彼女の話しが悲惨だと思っていたら彼氏の方がもっと凄かった。

とかげで思い出したのが、イソヒヨドリがヒナにエサをあげるためとかげをくわえてきた所です。

今年は4羽のヒナが無事に巣立っていきました。

 

短編小説はあまり好きではないなぁ~

映画ボブ・マーリー観て 内容が

ボブ・マーリーについての知識はほぼなかった。

観る前にどんな曲を歌っているのか聞いてみたら、なかなかいいリズムで聞きやすい曲でした。

後で調べたのですが、レゲエとはジャマイカのポピュラー音楽で、社会への不満やラスタファリ(アフリカ回帰をスローガンとする宗教的性格の強い運動)などメッセージ性に富んだ歌詞をもつことに特徴があるそうです。

なるほどだから映画の中でよくラスタファリと言ってました。

映画はボブ・マーリーの内戦の中での音楽活動とか奥様のリタとの関係など描かれています。

エンドロールにコンサートの中で内戦のトップ同士が握手する実際の映像が出てきたのですが、映画の中で描けばもっと感動したのではないかと思いました。

映画館なので音楽は良かったのですが、内容は物足りない感じの映画でした

星5だとしたら星3点かな。


www.youtube.com

今よくボブマーリーの曲聞いてます。

 

つぐみ TUGUMI レビュー 吉本ばなな著

初版は1989年ぱななさんの初期の頃の本です。

キッチンに続きかなり人気がありよく売れていた本のようです。

吉本さんは私とあまり変わらない年代です。名前は知っていたが読んではいなかった。

一夏の思い出が描かれています。

かなり個性的なつぐみと姉の陽子、つぐみの恋人恭一そしていとこのまりあ。

まりあの視点で語られている物語です。

身体の弱いつぐみ、口は悪く、性格も悪い。

でも憎めないつぐみの行く末が気になり止まりませんでした。

 

 

木曜日にはココアを レビュー 青山美智子著

図書館に予約してから7ヶ月やっと手にする事ができました。

どれだけ人気なんだぁ〜

「木曜日にはココアを」なんて題名からして女子受けしそうな本です。

一部抜粋

僕が勤めている「マーブルカフェ」の窓際、隅の席。

半年くらい前から、彼女は一人で来て、必ずそこを選んで座る。

オーダーはいつも同じ。

「ホットココアを、お願いします」

上記の書き出しから始まります。

マーブルカフェから繋がる人達を短編小説の形で繋いでいき、ラストは巡り巡って素敵な恋物語

心温まる癒しの本、一気に読み終えました。

こんなカフェが近くにあったらいいなぁ〜

イケメンの店長さんが一人でやってて静かで、珈琲一杯で何時間もいられる。

あっ!そういえばうちの田舎にもなかなか素敵なカフェがありました。

店長もなかなかイケメンだったし

でも珈琲一杯で何時間もいられるかな?

 

 

雨の日曜日

紫陽花が色づき始め出番を待っています。

そして庭の花を小さな花器に。

なんかお洒落やないかいwww

 

 

「違うこと」をしないこと レビュー 吉本ばなな著

自己啓発的な本はあまり読まない私です。

小説だと思って手にしたこの本は自己啓発的な本でした。

そして白井剛史さんとの対談とか読んでいると??宇宙マッサージ、樹ピターなんの事、宇宙コンピューターやら霊の事やらちょっと理解出来ない。

吉本ばななさんはこんな事に興味があるのかと思った次第です。

宇宙の流れと自分がシンクロしているのを実感するとかあったが、私はないなあ。

まして霊感とか何か見えるとか私にはない。

でも見えたり、感じたりする人はいるのでそういう人には興味深い話しかもしれない。

吉本さんは前世はチベットのお坊さんだったらしい。

そして自分の前世だった人の家にも行った事があるとか、そこで色々思い出したとか。

霊感も強い人のようです。

 

読んでいて私も思い当たるなぁと思った事は、何か大きなものに守られていると感じた時かな。

神様なのかご先祖様なのかわからないが救ってもらったと思った時がある。

最初はなんか理解出来ないと思っていたが、きっとこういう感覚の事なのかと考えた。

対談の所では吉本ばななさんはスピリチュアルな事に興味あるのかと思い少し引いたが、全く無いこともないと思えました。

なかなか面白い本でした。

もう少し他の作品も読んでみたいと思います。

 

 

本から抜粋

人は人の意見では決して変わらない。

人の本質的なものは変わらないし、変わりようがない。

なんかいやだと思ったら、その感覚をスルーしない。安易に人に合わせない。

人と比べない。いや比べはするけど、妬まない。妬みはノイズ。

自信を取り戻すには、自分のことをちゃんと評価してくれる環境にいることが大事。

どんな時でも、今の自分の楽しいと思うことに目を向けていたい。

時間は、未来から過去に向かって流れている。

何もしない時間の中にある豊かさを受け取りそこねている。

いまだに上を目指せ、もっと働けという教育がまかり通っているのは、そうしてもらわないと困る人たちがどこかにいるからです。               以上

 



デッドエンドの思い出 レビュー 吉本ばなな著

この小説は以下の5つの短編小説が入っています。

1.幽霊の家

2.おかあさ〜ん!

3.あったかくない

4.ともちゃんの幸せ

5.デッドエンドの思い出

さくっと読み終えたけど頭にあまり残っていない。

一番印象に残っているのは幽霊の家。

「男は穴しか見えないの」この言葉かな(笑)

亡くなった老夫婦の幽霊と共に過ごした岩倉くんとせっちゃんのお話しでした。

デッドエンドの思い出も良かったです。

デッドエンドな意味を調べたら袋小路でした。

お店の名前も袋小路、失恋して行き場のない気持ちとかにもかけたのかな。