pannsukiのブログ

旅行、パン作り、ファッション、家庭菜園などシニアの日々

②上高地旅行記。山は怖いのだ!

2日目軽井沢から上高地へ行くのに電車とバスを乗り継ぎ4時間位かかる事がわかりました。

心配だったので上高地から帰りのバスだけは事前にネットで予約しておきました。

上高地から帰る時間は14時5分です。

ホテルの朝食は早くて7時半からでした。

軽井沢駅を9時の電車に乗っても上高地に着くのは13時過ぎます。

上高地に滞在出来る時間は40分です。

これでは散策は難しい。上高地に行っただけという感じになります。

ワークマンで山ガールの服を買い、かっこだけはハイキングスタイルなのに残念。

軽井沢から色々な電車に乗り継いで行きました。

それはそれで楽しいでしたが、長かった。

軽井沢 しなの鉄道篠ノ井 JR→松本 上高地線→新島々 アルピコ交通上高地

 

朝から曇り空で天気がいまいちでした。

新島々駅からアルピコ交通のバスに乗り換えて行きます。

バスに乗り換えた途端雨が降り出しました。

えー雨だよ。山が見えないではないか。

気持ちが萎んでいきます。

バスはくねくねした道を進んでいきます。

両側は深い山々、上の方は霧で見えません。

おまけに下を見ると深い谷底です。

ここで落ちたら死ぬよねと何度も思いました。

山は高くそびえ立ち、また所々崩れ落ち大きな岩肌が見えます。

私はとても怖くなってきました。

自然の怖さと申しましょうか。

ウキウキして行くような所ではないぞ。

山をなめてはいけない!

山の神様どうか気持ちを鎮めてくださいと祈るような気持ちでおりました。

バスの中では怖さと緊張で身体をかたくしておりました。

道幅も狭く大型車が来ると離合するのに停まって待っています。

いくつかのトンネルとダムを通り過ぎ登っていきます。

野麦峠の表示板が見えました。

あの野麦峠なのか。

昔の人は歩いて通ったのか。

こんな山深い所を大変だったろうに、おまけに雪の中を。

人間はこうやって道路を作り、ダムを作り自然に手を入れてきたのだ。

なんだか山の神が怒っているようで、私の気持ちは萎えていった。

多分天気が悪かったせいもあるのでしょう。

 

しかし帝国ホテル前、大正池と過ぎて行くにつれ天気がよくなってきました。

大正池の遊歩道を歩いている人が見えます。

私もここから歩きたかったな。でも1時間もかかるので無理です。

日が差してきて、雲が晴れて山が見えてきました。

山の天気は変わりやすいというが、いい天気になってきました。

終点上高地に着いた時は雨も上がり晴れていました。

よかったよ〜元気が出てきました。

上高地から河童橋までは徒歩5分。

急いで向かいました。

大勢の登山客がいます。チリンチリンと熊よけの鈴をつけている人もいます。

 


山にはまだ雪は積もっていませんでした。

河原に降りて水をさわりました。とても冷たく澄んでいました。

河童橋の両側にはお土産屋さんが並んでいます。

 

 



40分はあっと言う間でした。これは上高地に行った証拠写真です。

今度来る時があるかな?あったらハイキングくらいはしたいな。

カラマツ林やクマササなど他にもよく知らないがあまり見ない樹木がありました。

そしてまたバス、電車に乗り松本駅まで戻りました。

今日のお宿は松本美ヶ原温泉「翔峰」という旅館です。

駅まで送り迎えのバスがあったのです。

高台にあり北アルプスと、松本の街並みを一望できる景色のいいホテルでした。

景色は良かったが、料理は普通でした。

そしてお値段も高めです。

2回目はないな。

 

温泉に入り疲れを癒やしました。

上高地に行く途中怖い思いをしましたが、山に登る時は生半可な気持ちで登るものではないなと思いました。

 

最後までおつきあい有難うございました。

ポチッと喜びます。

続きはまた明日。

 

pannsuki.hatenablog.jp