pannsukiのブログ

演劇、映画好きなシニア。

恥ずかしいけど泌尿器科に行って来ました。優しい女医さん。結果は無症候性潜血。

 


尿検査で潜血+3だったのと、いまだに尿が泡立つのが気になっていました。

かかりつけ医はまれにガンの人がいるから、念の為に検査したほうがいいとの事。

なので泌尿器科に予約して行ってきました。

泌尿器科では有名なN病院です。

9時前にはついたのですが、すでに沢山の人がいました。

今日の予約者133名と書いてありました。

えーそんなに多いのか!

私は女医さん希望でした。

問診から始まり、尿を取り、腎臓と膀胱のエコー検査がありました。

うつ伏せになり腎臓の検査です。左右後ろにあるんですね。

技師さんが腎臓は綺麗ですよと声かけしてくれました。

それが終わると2階に上がり、女医さんとお話。

尿が泡立つ事を聞くとタンパクも出てないから、全く気にする事はないと言われた。

潜血の原因を調べる為に膀胱のレントゲンを取りました。

さらに膀胱鏡の検査もしたのです。

こちらは予定外だったのでドキドキ。

下着を脱いであの椅子に座らなければなりませぬ。

あー嫌だな〜

そして尿路に下からカメラを入れて膀胱の検査です。

痛くないですか?と聞くと最初に入れる時だけ少し痛みがありますと言われた。

確かに最初だけ少し痛みがありました。

そして3分間で終わるので大きく息をすったりはいたり深呼吸して下さいと言われました。

私もカメラの画面見れるのかなと思っていたら、カーテンで仕切られ真っ暗になり先生だけ見ていました。

3分間は長く感じられた。

先生が膀胱はとても綺麗ですよ。何もないですとおっしゃた。

やれやれ良かった良かった。

ガンではなさそうだ。

全ての検査が終わったのは13時を回っていました。

最後に先生が診断して下さいます。

先生はお待たせしてすみませんね。お腹もすいたでしょうととても優しい女医さんでした。

診断結果は「無症候性潜血」

どういう事ですか?と聞くと体質らしい。

今のところ何も異常はないとの事。一年間は保証しますので一年間に一度は検査を受けて下さいと言われました。

尿の細胞診検査は1週間後にわかるので、結果は電話で聞くように言われた。

多分なんともないでしょう。

痛い所もないしいたって元気だ。

とりあえず潜血の原因がわかって良かった。

体質ではどうしょうもないではないか。

もう10年以上潜血とつきあっている。

今後一年に一度も検査は受けないでしょう。

下の検査はなるべくしたくないですよね。

 

でもでも尿でお困りの方は多いようで、女性も男性も患者さん多いでした。

残尿、頻尿、尿もれ、前立腺がんなど様々なのでしょうか。

 

まだ尿もれはないけど、夜中に何度もおしっこに起きてるおばばです。

たまには朝までぐっすり寝たいよ。

 

おつきあい有難うございました。

 

pannsuki.hatenablog.jp